読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blank?=False

「呉下の阿蒙にあらず」をモットーにしたITエンジニアの日々

ソースコードの配色をJellyBeansライクにしてみました。

本ブログで表示しているソースコードの配色をJellyBeansライクにしました。
ソースコードの色設定についてはこの記事を参照ください。
orangain.hatenablog.com

ちなみに、この記事ではソースコードの各種類別のセレクタは、
.synSpecial等でクラス指定となっていますが、2016年11月現在はこの方法では指定できませんでした。
spanの子要素として,span.synSpecialとやる必要があります。(ただ、一部はspanを付けなくてもできる。)


今回のJellyBeansライク配色のCSSを張りますのでご自由に使ってください。

/*Source Code Syntax Highlight*/
.entry-content pre.code {
    background-color: #151515;
    color: #e8e8d3;
    font-size: 80%;
}
span.synSpecial { color: #dd0093 }
span.synType { color: #ffb964 }
span.synComment { color: #999}
span.synPreProc { color: #92b6fe }
span.synIdentifier { color: #fad07a }
span.synConstant { color: #d44950 }
span.synStatement { color: #c6b6fe }



サンプル(Ruby/RubyOnRails)

class User < ActiveRecord::Base
  attr_accessor :remember_token

  before_save { self.email = email.downcase }
  validates :name, presence:true, length:{maximum:50}
  VALID_EMAIL_REGEX = /\A[\w+\-.]+@[a-z\d\-.]+\.[a-z]+\z/i
  validates :email, presence:true, length:{maximum:255},
            format:{ with: VALID_EMAIL_REGEX },
            uniqueness:{ case_sensitive:false}
  validates :password, presence:true, length:{ minimum: 6}, allow_nil:true
  has_secure_password

  # 与えられた文字列のハッシュ値を返す
  def User.digest(string)
    cost = ActiveModel::SecurePassword.min_cost ? BCrypt::Engine::MIN_COST :
                                                BCrypt::Engine.cost
    BCrypt::Password.create(string, cost: cost)
  end

  def User.new_token
    SecureRandom.urlsafe_base64
  end

  def remember
    self.remember_token = User.new_token
    update_attribute(:remember_digest, User.digest(remember_token) )
  end

  # 渡されたトークンがダイジェストと一致したらtrueを返す
  def authenticated?(remember_token)
    return false if remember_digest.nil?
    BCrypt::Password.new(remember_digest).is_password?(remember_token)
  end

  def forget
    update_attribute(:remember_digest, nil)
  end

end