Blank?=False

「呉下の阿蒙にあらず」をモットーにしたITエンジニアの日々

総評 実践RubyOnRails

f:id:stonebeach-dakar:20160530220309p:plain

実践RubyOnRailsが終わったので総評を書いていきます。

[contents:]

読みやすさ

★★★★☆
ビジュアル的な解説は少なく、兎に角文字とコードが多いので、読み応えはたっぷり。
逆に言えば、イメージは自分が膨らませて行かないといけないのでそういった意味で★4かな。
Ruby, HTML, CSSの基本にはほとんど触れていないので、Ruby自体がわからない人は読むことはオススメできない。
実践、とあるのでそもそも入門書ではないと思うのでコレはコレでよし。
ただ、個人的にあっちこっちに紙面の都合で、紙面の都合で、とあるのは気になった。

結局追補版が出てるわけですが・・・

実践Ruby on Rails 4 機能拡張編

実践Ruby on Rails 4 機能拡張編


難しさ

★★☆☆☆
難しさは主観によるところもあるが、自分自身Railsはまだまだ理解していないことも有り、
本書内でRailsコミュニテイ内のトレンドと言われるPresenter等、すぐには理解できなかった。
本書の解説はわかりやすいところも合ったが、わかりにくいところもあったので全体的に少し難し目かな?と感じた。

詳細度

★☆☆☆☆
実践的な内容のため、基本的なメソッドの説明は少なく、Railsのリファレンスとしては全く使えない。
また、基本的に本書内で使う内容しか説明しないため、メソッドの様々なオプション等はほとんど紹介されない。
時たま開発手法の参考として読むことはできると思う。
リファレンスならRubyOnRails4アプリケーション・プログラミングを読んだほうが良い。

総合

★★★★★
自分の実力的に、この本を読むのは時期尚早かなと思ったけど、
Railsの各機能についての説明、目標とするシステム象や仕様の説明が
しっかりされているので、自分の中でイメージしていきながらどんどん読み進めることができた。

Rubyの基本がわかっている初学者がある程度Railsの基本がわかってきたら,
次のステップとしてこの本をよむのはオススメできる。

多少わからないところがあっても、とりあえずガンガン読み進んでいけば最後には「ちょっと」わかるようになってくると思う。
ようは習うより慣れろという感覚。
そしてまた読み直せば、より理解が深まると思う。
今までのRails入門本とはまた違うアプローチからのRails開発手法を学ぶことができ、開発手法の幅がより広がるだろう。

逆に、Ruby言語自体の初学者はまず「楽しいRuby」を読んで(この本は超おすすめです)

たのしいRuby 第5版

たのしいRuby 第5版


基本を身に着けてからのほうが理解度が高まると思う。

本書に、ブロックハッシュ、シンボル`、などの基本的なRubyの機能の説明はほとんどないので、
Ruby自体を知らなければ、なかなか理解できないと思う。
本書後半に出てくるeach_with_index等他の言語にはないような機能も使っているので、 
他言語に慣れている方でもRubyを知らなければつまづくポイントは多いと感じた。

また、Railsデバッグ手法等は全く書かれていないため、本書のコード通りに書いたはずなのに動かない時に初学者は悩むことが多いと思う。
そんな方には以下のアドバイスを。

  • 開発環境がなかなか作れなくて落ち込んだら安心しろ、みんな通った道だ。(自分が初めてRailsの環境を作った時はかなり時間がかかったような・・・)
  • NoNameError,NoMethodErrorが出たら原因はほとんどtypo
  • 見た目が微妙に違う?気にすんなブラウザのせいだ(本書ではIE11(Edge?)で見てる)
  • 常にDevelopement環境で動かしておくこと(本書でProduction環境で動かすことがあるがその後必ずDevelopementに戻すこと)
  • Developement 環境にはデバッガ(pry-bybug等)を入れておくとよし
  • データベース系のエラーはMySQL2とかのDBMSパッケージのエラーメッセージをよく読めばわかる
  • db:migrateで失敗したらdb:migrate:resetしてみよう
  • ちゃんと書いたのに動かない!と思ったら一回呼吸してbaukis再起動してみよう


次の本

今回、実践的な内容をやったのですが、Railsの基本がまだ良くわかっていないなと思ったので
Railsの基本を改めて抑えてみようと思いました。
今回、ブログ記事にできなかったのも基本がまだしっかりしていないので、ブログ記事で上手いこと解説が考えられないと思ったからなのです。
なので改めて基本をやり直すためにこの本をやっていきます。

改訂3版基礎 Ruby on Rails (KS IMPRESS KISO SERIES)

改訂3版基礎 Ruby on Rails (KS IMPRESS KISO SERIES)